ナビ特徴歴史窯元産地製品
印鑑の販売は以下から

有田焼の土

有田焼の土 有田焼の原料は陶石と呼ばれる石です。陶石は陶土と違い、白く、堅く、吸収性がありません。 有田焼は、1616年に有田町の泉山で陶石が発見されてから採石が始まりました。 泉山磁石場は、この400年間もの長い歴史の間削り取られてきた証拠に、一山のほとんどが掘り尽くされ、今は白い磁肌を見せながら大きく扇形に広がっています。 大正以降の現在では、有田焼には熊本県天草産の陶石を用いることが多くなっています。泉山の陶石は、鉄分を多く含んでいるため焼成すると色が曇ったり、黒点が生じやすくなるという問題点が多い反面、天草陶石は砕きやすく形成可能な上、高い強度で製品は硬く、仕上がりの色は濁りがなくて美しく焼きあがります。 また、他の土を配合せずに単独の陶石だけで磁器が造れるのは、世界的に泉山陶石と天草陶石のみだと言われています。